海釣りに最適な男のファッションと熱中症対策

The Professional Anglers Association

海釣り初心者でも手軽に楽しめる釣り方をご紹介します!

海釣りのファッション

釣りに行くときに、どんな服装で出かけていますか?

魚を釣るだけだからなんでもいい、いえいえ最近の釣りファッションはなかなかオシャレです。

有名スポーツブランドが、実用性とファッション性を兼ね備えた釣り用のジャケットを販売しています。

それと、海風が吹いて水場はかなり冷えますから、防寒性や防水性、通気性といった機能性も重要です。

ウィンドブレーカーなどは、頭からスッポリかぶれば風除けになります。

足元は長靴を履くと、水辺での滑り防止になります。イマドキの長靴はデザインのカッコイイものがあります。

両足が海水につかってしまうようなときは、長めの長靴の方がいいかもしれません。

ライフジャケットを着用

釣りの最中はもちろん、魚を引き上げる際にも水に濡れますから、防水性のある洋服を選びましょう。

さらに通気性がないと、水を防いだだけでは、身体の中からも水分が蒸発していますから、服の内側が湿っぽくなってしまいます。速乾性の高い素材を使ったものなら、濡れてもすぐに乾きます。

ライフジャケットを着用していれば、万が一溺れるような目にあったときでも安心です。海難事故に遭った男性が、ライフジャケットを着ていて助かった例もあります。特に、泳げないお子さんなどには、必ず着せておいてください。

ポケットにいろいろ道具を入れられるように、ポケットが多めに付いたライフジャケットを購入しましょう。

夏の熱中症対策

日本の猛暑は厳しいですから、夏に海釣りに出かけるときには日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶるなどの熱中症対策が必要になります。

暑いからといってタンクトップに短パンというような軽装で出かけると、ひどい日焼けで皮膚がまっ赤になってしまうことがあります。

日除けになる帽子に強い日差しから目を守るサングラス、長袖にズボンスタイルで出かけましょう。海風が吹いているので、夏でも肌寒い日があります。

天候に合わせて途中で着替えられるように、洋服や下着の着替えを持っていきましょう。

また、のどが渇きますから、釣っている最中に水分補給も忘れないようにしてください。