覚えておきたい!海釣り初心者向けの釣り方

The Professional Anglers Association

海釣り初心者でも手軽に楽しめる釣り方をご紹介します!

サビキ釣り

海釣り初心者が釣りやすいのは、冒頭でもご紹介しましたが、「サビキ釣り」です。サビキというのは、擬餌針のことを言います。

サビキ釣りは、竿に上カゴと下カゴを仕掛けて、下カゴにマキエを入れて海に投入するだけです。マキエを食べに集まってきた魚を擬餌針に引っ掛けるだけという、実に単純な仕掛けです。

単純すぎて、「大の男の海釣りにふさわしくない!」なんて怒られてしまいそうですが……。ものぐさな人には嬉しい仕掛けではないでしょうか!?仕掛けておいて、ほかの作業もできます。サビキ釣りには高度なテクニックが必要ありませんから、奥さんやお子さんと家族連れで出かけたときなどによいでしょう。

上カゴは何に使うかですけど、上カゴにもマキエを入れます。上からと下からとで、効率的に魚を釣ろうという仕掛けです。

サビキを防波堤の際に落としておくと、しばらくしていろんな魚がかかってきます。それを確認するのもワクワクして、とても楽しい作業です。

ウキ釣り

これは、一般的な「ウキ」を使った釣り方です。ウキが海面に浮いて、魚がかかったことを教えてくれます。また、ウキを使って、狙った魚のいる方へエサを送ることができます。

仕掛けるだけでいい「サビキ釣り」より「ウキ釣り」の方が、海釣りをしている気分になれるかもしれません。

サビキ釣りの方がいろんな魚が釣れますけど、釣りたくない魚がかかってしまうおそれがあります。その点、ウキ釣りは釣りたい魚を狙うことができるので、「今日はイワシを食べたい気分だ!」などと思うときには、この方法がよいでしょう。

投げ釣り

投げ釣りではリールを使って、海の沖へ向かって仕掛けを投げ入れます。

投げ釣りを得意とするマンガの主人公と言ったら、「釣りキチ三平」でしょうか!?

投げ釣りはスポーツ的な要素のあるダイナミックな釣り方ですが、仕掛けがからんでしまう欠点があり、投げ入れるときにテクニックが必要です。

ただ、サビキ釣りやウキ釣りのような面倒なタナ合わせが必要ないので、手軽に行えるかもしれません。

仕掛けを投げ入れたら、そのまま竿を並べて、アタリを待つだけです。